現実にノートパソコンのディスプレイの前に座って、動いている為替レートを見てしまうと、何となく売買をするという抑えようの無い感情に影響される場合も少なくないと思います。でも、不確かな感覚で売買するのは絶対に避けてほしい。確かに、相場は年中どこかの外国為替相場はオープンしているし、相場も常に変動している。しかし、だからといって頻繁にエントリーをするとその回数分だけ損失が生じる率が上がってしまいます。当然、エントリーの回数を経験することによってじょじょに稼げる確率か50%、50%になるのは事実。しかしこの事は「なんだか分からない勘で取引」してしまうこととは話が違います。売買回数を重ねるという意味は自分自身が「ここはいける」と感じた時機を得られたところでの売り買いの回数を積むという事を言っています。格段の理由がなく、次々と注文を重ねるのとは大きく違う。為替相場の勝負にi挑むには白分で考えて緩急をつけることこそが大事です。「ここで勝負」と思えた相場の時にはいっそ所有ポジションを積み増して思い切り儲けを狙います。「何となく難しい外国為替相場でどう動くのか読めないな」と思ったならば潔く所持ポジションをすべて見切りをつけて黙っています。これぐらいのリズムをつけた方が、結果的にトレードはうまくいきます。外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがあります。まったく言葉どおりだと思います。取引とは、何も常にポジションを所持する事がすべてではなく何も保有せず静観していることも時には、相場なのである。それならば、どういう場面で休む必要があるのでしょうか。ひとつめは、先に述べたように、今の相場展開がしっかりとよく見えない時。どちらにいくのか決める事が出来ない時は、分からないまま行動すると、自分自身で作ったストーリーとは反対の方向に外国為替市場が変動してしまい損してしまいます。こういった時はポジションを閉じそのまま何もしないで黙ってみているだけがいいだろう。もうひとつの場面は、健康状態が変なときです。コンディションと市場に関係がない考える人もいるだろうが。現実には思ったより関係あります。体の調子がすぐれなければ外国為替相場の決断しなければいけない状況で、落ち着いた決定をする事が難しくなります。気分が進まない時は、トレードから離れる事も大事な事です。

Copyright © 2002 www.backyardfrontier.com All Rights Reserved.