外国為替証拠金取引で投資する面白みは、単品の金融商品あるのにお金を掛ける期間を短・中・長の中でどの期間をチョイスするかということにより、資本の投下の方法が全然違うという点にあると言われます。まず外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」に関して考えてみよう。長期のスタンスとは一年以上の投資を基本としています。だいたい為替のレートで一年以上経過した後の相場は円高であるか、それとも円安だろうかを連想するのは、普通は困難に近いです。正直なところ、「そこまで後の未来のことは未知数です」と思うのが当然なのです。見当もつかないのに懸命に予想しようとしても無茶苦茶なのです。そのため、他国の貨幣を買ったら、そのレートよりも円高に変わったとしても近いうちに円安に戻るだろうくらいのイメージで売り買いに取り組む必要があります。利益をアグレッシブに追いかけるばかりでなくそれ以外の差益言い換えればスワップポイントを上げるというのを初めの目標として始めてみましょう。当たり前のことですが短期間で為替差損に損が大きく膨らむこともあります。そのことからこんな差損が大きくてもさほど困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限にトレードすることは必要です。FXは、損が一定範囲を超えて更に拡大すると、追加保証金(追い証)が出て来たり、またはストップロス(ロスカット)を置くことになります。ロスカットがかかったら、即売買を決済する必要があり長期の投資が難しくなります。このようなリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいで取引するのがベストです。今度は中期投資を狙った取引です。中期のスタンスのケースは、最大で1?2ヶ月程先々を考慮してのトレードをします。為替トレードの際は、約1ヶ月先のことはおおかた、想定可能かと思います。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)等の公式の集まりであったり、市場に参加している人たちがどういった問題に興味があるかを見ればいくらか、推測できるのです。このような経済の基礎的条件をチェックしながらグラフを見ることで為替の変動を理解し、買いか売りかを決定するのがいいと思います。基本的に、経済情勢とテクニックの両面で光り、あるいは買いが同様の時はほぼ判断した通りに動くと考えて差し支えありません。その際は保有高を増やしておく事でもっと多くの利益を得られるのはほぼ確実です。第三に短期のトレードのポイント。ここでの短期のトレードというのは、つまりはデイトレを言っています。為替市場でデイトレを行う際は経済の基礎的条件はいっさい影響がないと言い切れます。なぜならばあくる日の為替レートの動きに、経済の基礎的条件は影響ないからです。ここでカギは目立った催し物があることで、それに影響して為替相場が変動するチャンスを見逃さないよう取引しましょう。例を挙げると、米国で雇用の情勢が提示される、ないしは金利政策などによって制作金利が変動するほどの催し。このような瞬間的な動きを見逃さないということから、短期トレードでは様々なものが欲しいところである。

Copyright © 2002 www.backyardfrontier.com All Rights Reserved.