自動車に乗っている方でしたら知っていると思いますが自動車税が課税されます。78-8-12

それで自動車税は、査定に出す所有車の買取時に当然のように還ってくるお金なのです。78-5-12

これについては少し実行したら簡単に頭に入ってくると思いますが、それでは最初から順を追って出来るだけわかりやすく説明していきます。78-17-12

注意書きするとすれば日本の車のみに限らず外国の車などでも返還される範囲に決まってます。78-9-12

当然所有車なども当てはまります。78-13-12

自動車税というのは自動車の所有者が支払うものなのですがクルマの排気量毎に決められています。78-20-12

1リッターより小さいのであれば29500円となり1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円になります。78-11-12

その後は500ccずつ5000円ずつが乗ってきます。78-15-12

それからこれは4月1日時点の所有者が、来年3月までの税額を納付する義務となっています。78-3-12

ということは事前納付ということなので勿論ですがクルマを手放してオーナーでなくなった時には先に払った分の自動車税は返還されるんですね。78-2-12

自動車税は事前納付で来年3月までの金額を納めますので一年以内にクルマを買い取ってもらったときは、買い取った保有者がお金の納付義務を負うということになります。

買取先が買取専門店ならば引き取り時に自分が払いすぎた税金を返してくれます。

まとめると、所有権を手放した際以後の税金は、新しい所有権を持った人が納付義務を負います。

もしあなたが10月のうちに車を手放した際は11月から次の年の3月いっぱいまでの税額は還ってくるのです。

というのも、前も述べた通り自動車税というのは前払いであるということから来ています。

まとめると、前所有者は売却相手に払いすぎたお金を返還してもらうということです。

個人で車を引き取ってもらう場合、意外とこうした知識に気付かない人が多くいるので、きっちり確かめるようにしてください。

自動車税という税金はクルマの売却で戻ってくるということを意外に知っている人が少ない事を利用して、それを悪用する業者もあるのです。

こちらから返金についての話をしなければ一切税金のことに説明しないという場面もしばしば聞かれます。

ですのでクルマの買い取りを依頼する時には税金が返金されるか否かを確認することを怠らないようにする必要があります。

Copyright © 2002 www.backyardfrontier.com All Rights Reserved.
78-4-12 78-14-12 78-18-12 78-7-12 78-6-12