外国為替証拠金取引(FX)に関しての興味深いところは、単一の商品であるのに投資期間を「短期」「中期」「長期」の3つの中からいずれを選定するのかにより資金を費やす手法がまったく違ってくるという部分にあると言われます。

初めに外国貨幣への投入の「長い時間をかけるスタンス」を考えよう。

長期スタンスとは一年以上の長期出資を想定しているものです。

基本的に為替レートにおいては、一年も後の為替のレートが円高と予想するか、反対に円安かどうかを考えるということは普通は困難なはずです。

実際のところ、「そこまで先の状況は未知数です」となるのが現実だからです。

わからないものをがんばって考えようと努力したところで無駄なのです。

ですから、他の貨幣を買い、その時点での買いレートよりも円高に変動したとしてもそのマイナス分はそのうち円安になるだろうくらいの気持ちで売り買いに向き合うのがベストです。

為替の利益を熱心に求めるだけでなく他からの儲け、スワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるというのを、まず初めの望みとしてお金を預けましょう。

言うまでもなく、為替変動の影響でマイナスがたくさん膨らむことがあります。

よって、そういった為替差損があっても耐えられるようにレバレッジを少しでやり取りするのがポイントです。

FX(外国為替証拠金取引)は為替差損がある範囲よりも大きく増えると追加保証金を出さなければならなくなったりあるいはストップロス(ロスカット)がかかったりします。

ストップロスになってしまったら即座に取引を清算しなければならず長期取引は難しくなります。

こんなリスクを回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定して取引するのが良いと思います。

2番目に中期スタンスでの売り買いについてです。

中期の投資のケースは、最大で2ヶ月ばかり後を考慮してのやり取りを行います。

為替の取引の時、1ヶ月先のことはおおよそ、予測しやすいかと思います。

G7のような公式の集まりの内容や為替取引で取引している人たちがどんな点に注目しているのかを考えてみれば、そこそこ予想がつくと思います。

上記のようにファンダメンタルズを見る一方グラフを確認することによって、為替の相場のレベルを理解し買いポジションか売りポジションかを見極める方がいいでしょう。

基本的に、経済の状態とテクニックの両方で良い状態でありまたは買いが一致した時は、その様に動くと考えて問題ありません。

ポジションを増やしておけば多額の儲けをもらえるでしょう。

最後は短期トレードの狙いどころです。

ここでの短期のトレードというのはいわゆるデイトレを示しています。

為替相場でデイトレードをするにあたり、経済の状況は影響しないと断言できます。

なぜなら翌日の為替レートの変化に経済の基礎的条件は関連がないからです。

この場合の一番の狙いどころは大きな行事があることで、それによってレートが大きく変化する機会を狙って行動しましょう。

例を挙げると、アメリカにおいて雇用者の統計が公布される、もしくは金融会議等によって制作金利が変わるというような行事。

こういうチャンスに変わり様を見逃してはいけないといった理由で、短期のトレードは様々な情報が必須になる。

Copyright © 2002 www.backyardfrontier.com All Rights Reserved.