予測せず思いがけず起こってしまうのが乗用車の事故です。クレジットカード比較

この状況でどんな風に処理するかが原因となり、車の保険料の受け取りも差が出る場面も予測できますので正しい判断力と対応力が必要です。

考えもしないアクシデントに巻き込まれて冷静さを失ってしまえば必要不可欠な状況を逃してしまい、後でかなり大きな損を受けることも予測できるので自動車事故を起こしてしまった場面では以下に記述した処理するようにするとよいでしょう。

交通事故をしてしまった時に第一にすべきなのは怪我人がいるかどうかの確認です。

乗用車の事故のすぐ後は気が動転するあまりショック状態になってしまう状況がありすぐには行動できないのが当然です。

なので、負傷した人がいたならば安全が確認された地点に移動してから手当てをし救急車を呼ぶなどして怪我人の優先を心掛けましょう。

救急車を呼ぶ時は正しい事故の場所を伝えて不明確な場所では周囲の有名な建物や町名を知らせ事故が起こった地点が判断できるようにします。

次に警察署に通報し、自動車事故を起こしてしまった事と簡単に状況を話します。

救急車とパトカーを待っている時間に怪我人の身元を聞きます。

姓名、TEL番免許車のプレート相手の保険会社等各々のことを交換します。

この時事故相手に過失が存在する状態ではその場所で片付けようとすることがよくありますがうやむやにするのではなくどんな風な場合だったにせよ110番や保険会社に知らせてジャッジしてもらう事が必要です。

お互いの情報をやり取りしたら他の交通の障害にならないために障害物を道の上から除去します。

万一障害になる物が他の交通の障害になっている時には、お互いの情報を交換するよりもこの対応を終わらせてしまっても問題ありません。

次に自身のお金を払っている自動車保険の会社に連絡して車での事故を起こしてしまった事を報告します。

自動車事故から一定の期間の間に保険屋さんに電話を入れておかないと保険の適用除外とされる場合も考えられるので気がついたら早く行うことが大事です。

また事故内容の跡として、コンパクトカメラや携帯のカメラ等で事故の現場や愛車の壊れた箇所の写真を撮影しておきます。

この写真は過失の割合決める際に重要な糸口となるのであなたの自動車や先方の自動車の状態を的確に証拠写真として残しておくことが重要です。

その状況で他の人がいるのであれば警察や保険会社の人が来るまで一緒にそのまま待機してもらうよう頼むのも重要です。

Copyright © 2002 www.backyardfrontier.com All Rights Reserved.